癌手術後のEDのリスクと腎臓と精力剤の利点

腎臓はあまり注目されない臓器ですが、極めて重要な部位です。
腎臓が弱ると、疲れやすい体質になります。
毎晩きちんと寝ている、食事を摂取しているにも関わらず、疲れやすい方は腎臓が弱体化しています。
またお酒が抜けにくい、精力減退が気になる、排尿後の便器に蛋白尿や泡立つおしっこが出る等、
なかなか気になる症状もありますので、これらの体調不良に自覚がある方は、腎臓の健康診断を受けた方が良いかもしれません。

ただ精力減退だけが体調に現れているのであれば、腎臓よりも睾丸や陰茎の健康改善を進めましょう。
精力剤にはペニスの健康回復に必須な栄養価が配合されています。
マカやアルギニン、シトルリン、マルチビタミン、ビタミンB群、葉酸、アミノ酸、
亜鉛、ミネラルなどの栄養素は男性の健全な性欲を育てる上で必須です。

精力剤は催淫剤ではなく、性欲そのものを増幅させる危険性はありません。
あくまで精力剤はサプリメント的な製品であり、栄養価を補給する事によって、健全な性欲と精力の改善を促す効果になります。
EDになってから慌てて精力剤を飲み始めるよりも、若い頃から男性向けのサプリメントを飲んでおけば、
精液の量を高く保ったり、精子の活動性を上手く維持出来る等、嬉しい効果を得ながら、将来の勃起障害を防げます。

また稀な事例ですが、癌の摘出を行った男性もEDや精力減退を感じます。
その原因は癌を摘出する際に勃起に必要な神経が傷つくためです。
直腸癌や膀胱癌の手術後は、EDのリスクが高まります。
手術後は、安静を維持する事が大事であり、すぐにセックスをしたいという気持ちは抑え、適切に治療に専念しましょう。
癌手術後も、神経の状態が改善すれば、再び勃起力は蘇りますので、焦らない事が大切です。